湯の花 | 江別殿にて温度別のストレス軽減効果に関する実験を行いました。

メンタルヘルスツーリズムプロジェクト「ぬるい温泉編」において,湯の花 | 江別殿にて,温度別のストレス軽減効果に関する実験を行いました。

プロジェクトでは,入浴前後の唾液アミラーゼによる『ストレス値』の測定と,POMSを使った『気分』の測定を組み合わせた,温泉のストレス軽減効果に関する実験を行っています。

本研究では,38℃〜40℃を「ぬるい」と設定しています。実験では39℃の温泉を用いました。
これまでプロジェクトで実施してきた40℃〜42℃まで(普通温度)の温泉での実験と比較を行います。

ぬるい温泉は,入浴前ストレス値の非常に高い被験者には効果的で,それ以外の被験者にとっては,普通温度の方が効果的である傾向が見られました。詳細は分析中で,卒業研究として発表予定です。