旅行サイトの口コミ分析の活用に関する研究

旅行者(のニーズ)と観光地(のシーズ)の適切なマッチングを目指して,様々な調査や研究が積み重ねられています。我々は,大規模人数による観光振興に関する調査(観光客入込数調査,旅行満足度調査等)を代替し,低コストでリアルタイムに調査が可能となるAIの実現を目指しています。このようなAIの実現のため,現在,SNS(特に,旅行サイトの口コミ)の分析結果を,観光関係の大規模調査の代替として利用できるのかを検証しています。

本研究は,北大調和系工学研究室(川村教授,山下准教授,宋爽さん)と,小樽商科大学の内田教授との共同で行われています。
宋爽さんは,本研究室の出身です。

以下のステップで研究を進めています。
1. 口コミデータから探る国別の観光ニーズ
  • Shuang Song, Hajime Saito, Hidenori Kawamura, Content Analysis of Travel Reviews: Exploring the Needs of Tourists from Different Countries, Springer – Information and Communication Technologies in Tourism 2018 (Proceedings of the International Conference in Jonkoping, Sweden, January 24-26,2018), pp.93-105.
  • 宋爽,斎藤一,川村秀憲,旅行サイトの口コミデータから探る国別の観光ニーズ観光情報学会 第15回研究発表会 講演論文集, pp.37-40, 2017.05.19(札幌).
  • 宋爽, 斎藤一, 川村秀憲, 旅行サイトの口コミデータから探る国別の観光ニーズ‐英語・中国語・日本語の口コミに関する考察‐第14回観光情報学会全国大会講演予稿集,pp.9-10, 2017.7.
2. 口コミの内容分析(満足度調査との比較)
3. 口コミの量的調査(入込客数の予測)
4.  口コミ分析を活用した観光地の魅力評価