健康情報科学研究センター Health Information Science Center
  • English
  • 企業の皆様へ
  • 自治会の皆様へ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
成果事例紹介

HOME ▶ 西平先生プロフィール&メッセージ

食の臨床試験の流れ

西平 順 教授photo
北海道情報大学 医療情報学科 西平 順 教授

メッセージ

「食と健康」をテーマにした研究プロジェクトから、その成果を地域住民の健康増進につなげる活動が始まりました。このプロジェクトは文部科学省知的クラスター創成事業「さっぽろバイオクラスター”Bio-S”」を基盤にし、北海道の機能性食素材に付加価値を付けることを目的に、農業生産者から医学、農学、栄養学などの研究者、さらには商品生産の企業人まで、多くの人材を取り込んで発展してきました。その中で、共通基盤技術では、「計画から実践」に向けた取り組みとして”地域密着型のクラスター形成・江別モデル”を立ち上げ、江別市の協力も得て、順調に発展してきました。平成21年度9月から、江別市「ふるさと雇用事業」のサポートを受け、医師、看護士、管理栄養士、臨床検査技師、学術担当からなる「食品の臨床 試験ユニット」を実施することができました。この機会に、本プロジェクトにこれまで多くの協力をいただいております皆様に、本活動のより一層のご理解を頂きたいと思います。

経歴

略   歴 1979年3月 北海道大学医学部医学科卒業
1979年5月 神奈川県横須賀米海軍病院インターン
1980年4月 北海道大学医学部内科学第二講座 医員
1984年10月 米合衆国ノースカロライナ州ウェークフォリスト大学付属
ボウマングレイ医学部 研究員
1986年6月 北海道大学医学部生化学第二講座 助手
1992年7月 北海道大学医学部中央研究部 講師
1998年10月 北海道大学大学院医学研究科生体機能学専攻分子生化学講座分子生物学(中央研究部) 助教授
2001年12月 北海道大学大学院医学研究科生体機能学専攻分子生化学講座分子医科学分野 助教授
2006年9月~

北海道情報大学経営情報学部医療情報学科 教授

江別市立病院糖尿病外来担当医師(2006年~)、
国立病院機構北海道医療センター予防医学外来担当医師(2009年~)として臨床活動にも従事している。

地域協力・

産学連携など

地域医療の基盤整備と住民の健康管理(江別市立病院での糖尿病外来)
産学連携:文部科学省知的クラスターバイオSにおける情報と臨床(ヒト介入試験)

共通基盤の構築と機能性食品の開発

専門及び

研究分野

内科学(糖尿病、代謝学、免疫アレルギー)、医療情報学、分子生物学
所属学会及び
各種委員
日本糖尿病学会、日本免疫学会会員、日本医療情報学会、
日本炎症・再生医学会会員(評議員)、日本総合医学会(理事)

 

  • プロジェクトの紹介動画を見る
  • 西平先生プロフィール&メッセージs
  • パンフレットPDFダウンロード
  • BIO-S パンフレット 2009 PDFダウンロード