論文・著書

著書
・「学生、大学教育を問う~大学を変える、学生が変える3~」ナカニシヤ出版,2015(分担執筆)
・「基礎から学ぶ データ構造とアルゴリズム」共立出版,2009(共著)
・「運動と物質~物理学へのアプローチ~」共立出版,2000(単著)

論文
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Nuclear Magnetic and Mechanical Relaxations in the γーLoss Band of Linear Polyethylene Treated with Fuming Nitric Acid,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.23,No.2,pp.247-252,1984.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Nuclear Magnetic and Mechanical Relaxations in the γ-Loss Band of Linear Polyethylene Irradiated with γ-Rays,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.23,No.4,pp.497-500,1984.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Molecular Motions and Related Mechanical Relaxations in Linear Polyethylene Treated with Fuming Nitric Acid,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.25,No.6,pp.875-880,1986.
・Yuichi Anada, Akihiro Tsutsumi, Teruo Hideshima, Kunio Hikichi, Jun Yokoi and Seiichi Tokura;ESR Study of Gel-Sol Transition of Poly(L-leucine)-Benzene Solution by Spin-labeling Technique,Polymer Journal,Vol.19,No.8,pp.939-943,1987.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Nature of the Anomalous Shape Change in Loss Permittivity versus Frequency Curve of Polymers above and near the Glass Transition,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.29,No.2,pp.322-326,1990.
・Maeko Kakizaki, Yuichi Anada and Teruo Hideshima;Effect of Water-Absorption on Dielectric Relaxation in Chitosan,Proceedings from the 6th International Conference on Chitin and Chitosan held in Gdynia,Poland,16-19 August 1994,pp.183-189,1994.
・Maeko Kakizaki, Yuichi Anada and Teruo Hideshima;Distribution of Free Volume and Dielectric α-Relaxation in Glass-Forming Liquid Mixtures,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.34,No.7A,pp.3593-3596,1995.
・Yuichi Anada;Direct Current Conductivity and Ion Motions in Polyvinyl Chloride – Poly-1,4-cis Butadiene Blends by Electrical Relaxation Method,Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics,Vol.40,Issue 2,pp.226-235,2002.
・Yuichi Anada;Diversity of ion path in low density polyethylene solid,Macromolecular Symposia,Vol.245-246,pp.228-231,2006.
・Yuichi Anada;Study of ion path in crystalline polymer:low density polyethylene,Proceedings of 5th EMSES,pp.I24-I27,2007.
・Yuichi Anada,Satoshi Maeda,Naofumi Okuyama;e-learning physics in Correspondence Course of Hokkaido Information University,Journal of the Physics Education Society of Japan.Supplement,pp.304-305,2008.
・Yuichi Anada;Crystal Growth and Ion Motion in Polyethylene,Proceedings of 7th Eco-Energy and Materials Science and Engineering,pp.197-201,2009.
・Yuichi Anada;Practical Use of Review Test in Elementary Course of Physics in University,AIP Conference Proceedings,1263,pp.193-196,2010.
・Yuichi Anada;Practice to Bring about Learning Outcome in Elementary Course of Physics in University,Proceedings INCEE-9,pp.4-7,2011.
・Yuichi Anada;Effect of Motion of Impurity Ions on Electrical Properties of Polymer materials,Proceedings of 10th Eco-Energy and Materials Science and Engineering,2012.
・Yuichi Anada;Study of Motion of Impurity Ions making Influence on Electrical Properties of Polymer Solids in Low Frequency Range,Advanced Materials Research,740,pp.630-635,2013.
・Yuichi Anada;Effect of Motion of Impurity Ions on Electrical Properties of Polymer materials Polymer,Energy Procedia,34,pp.17-25,2013.
・穴田有一;ICTを活用したグローバル人材育成プログラム(Web作品制作,ショートフィルム制作,コンピュータプログラミング),グローバル人材育成教育研究,2,1,pp.20-30,2015.
・Yuichi Anada;An Attempt on the Support for Self-Teaching in the Elementary Physics Education,Official Conference Proceedings, The European Conference on Technology in the Classroom 2015,pp.193-202,2015.

大学紀要
・広奥暢,穴田有一,林雄二;コンピュータネットワークを活用した自習支援システム,北海道情報大学紀要,第11巻,第2号,pp.67-83,2000.
・広奥暢,穴田有一,林雄二;学生レポートの文章推敲を支援するシステムの検討(その1),北海道情報大学紀要,第13巻,第2号,pp.53-66,2002.
・穴田有一;コンピュータネットワークを利用した学生レポートの無記名公表システム,北海道情報大学紀要,第14巻,第1号,pp.67-76,2002.
・広奥暢,穴田有一,林雄二;学生レポートの文章推敲を支援するシステムの検討(その2),北海道情報大学紀要,第14巻,第2号,pp.53-63,2003.
・加藤喜久子,穴田有一,玉置重俊,谷川健,中村鎮雄,若林久二;2002年度学内フォーラムの活動報告,北海道情報大学紀要,第15巻,第1号,pp.51-64,2004.
・広奥暢,穴田有一,林雄二;学生レポートの文章推敲を支援するシステムの検討-悪文を検出するシステムの検討-(その3),北海道情報大学紀要,第15巻,第2号,pp.105-116,2004.
・穴田有一,加藤喜久子,谷川健,中村鎮雄,山北隆典,若林久二;2003年度学内フォーラムの活動報告,北海道情報大学紀要,第16巻,第1号,pp.69-86,2004.
・森山洋一,藤井敏史,穴田有一,豊田規人;基礎数学演習のシステム構築の検討と効果の検証,北海道情報大学紀要,第19巻,第1号,pp.73-82,2007.
・穴田有一,竹内典彦 ,高井那美,林雄二;北海道情報大学のユニバーサル化の現状    北海道情報大学紀要,第19巻,第2号,pp.95-106,2008.
・鈴木健治,穴田有一,三浦洋;授業科目間および科目連携のための情報共有化の試み,    北海道情報大学紀要,第19巻,第2号,pp.107-114,2008.
・加藤喜久子,穴田有一,高野俊夫;大学教育における修学支援体制の構築と,北海道情報大学紀要,第21巻,第2号,pp.57-71,2010.
・加納邦光,穴田有一;本学教養教育における「ポートフォリオ」の活用について,北海道情報大学紀要,第21巻,第2号,pp.73-84,2010.
・加藤喜久子,梅津真,立花峰夫,平子玲子,穴田有一,飯島美知子,隼田尚彦,三浦洋;大学における初年次養育充実化の試み―学びの基礎力,日本語表現力をつけるための科目編成と教材作成―,北海道情報大学紀要,第23巻,第2号,pp.123-136,2012.
・蔵本信比古,穴田有一,棚橋二郎,三浦洋;北海道情報大学生の学生生活の実態と欠席過多の関連,北海道情報大学紀要,第23巻,第2号,pp.137-156,2012.
・蔵本信比古,穴田有一,棚橋二郎,三浦洋;大学生の欠席過多に関連する諸要因,北海道情報大学紀要,第24巻,第1号,pp.117-121,2012.
・森山洋一,藤井敏史,穴田有一;数学演習用Webコンテンツ作成法の共有化の検討,北海道情報大学紀要,第24巻,第2号pp.79-84,2013.
・安田光孝,向田茂,谷川健,穴田有一;北海道情報大学における講義活性化支援ツールの開発,北海道情報大学紀要,第25巻,第2号,pp.55-67,2014.

報告
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Relaxation Phenomena in Polyethylene Pulverized at Liquid Nitrogen Temperature.Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.28,pp.485-486,1985.
・Yuichi Anada, Akihiro Tsutsumi and Teruo Hideshima;ESR Study of Spin-Labeled Poly(L-Leucine) in Benzene Solutions,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.28,pp.511-512,1985.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Structural Change in Linear Polyethylene due to γ-Ray Irradiation and HNO3-Treatment,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.29,pp.209-210,1986.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Effect of Absorbed Water on Low-Temperature Relaxation in Linear Polyethylene Treated with Fuming Nitric Acid,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.30,pp.589-590,1987.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Effect of Oxidative Degradation on Temperature Dependence of Loss Modulus of Linear Polyethylene,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.31,pp.257-258,1988.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Role of the Distribution of Fractional Free Volume and That of Relaxation Spectrum in the Anomalous Shape Change in Dielectric Loss Curve above and near Tg    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.33,pp.361-362,1990.
・Maeko Kakizaki, Yuichi Anada and Teruo Hideshima;Effect of Free-Volume Distribution on the α-Mechanical Relaxation in Poly(vinyl chloride),Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.34,pp.187-190,1991.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Influence of the Functional Form of Free-Volume Distribution on the Frequency Dependence of Loss Permittivity of Polymers,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.35,pp.355-356,1992.
・Maeko Kakizaki, Yuichi Anada and Teruo Hideshima;Effect of the Distribution of Free Volume on the Dielectric Relaxation in Ethylene-vinyl Acetate Copolymer above the Glass Transition Temperature,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.36,pp.305-308,1993.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Study of Dilectric Primary Relaxation and Free-Volume Distribution in Crystalline Polymers    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.37,387-389,1994.
・Yuichi Anada;Dielectric Relaxation and Conductive Loss in Polyvinyl Chloride    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.39,465-466,1996.
Maeko Kakizaki, Yuichi Anada and Teruo Hideshima;Effect of Absorbed Water on dielectric Relaxation in Chitosan    Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.39,pp.571-572,1996.
・Yuichi Anada;Electrical Relaxation Phenomena in Polyvinyl Chloride-Polybytadiene Blends near Glass Transition Temperature,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.40,pp.369-370,1997.
・Yuichi Anada;Study of Ionic Relaxation in Polyvinyl Chloride Blend Systems by Electrical Relaxation Method,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.41,pp.445-446,1998.
・Yuichi Anada;Calculation of the Electric-Modulus Dispersion Curves from Ion Motions in Polyvinyl Chloride-Polybutadiene Blends,Reports on Progress in Polymer Physics in Japan,Vol.42,pp.339-342,1999.
・穴田有一;プレゼンテーション学習の動機づけ~ビデオ制作と試行~,pp.39-42,2011.
・木野茂,穴田有一ほか;ラウンドテーブル 学生とともに進めるFD:北海道情報大学の学生FD活動について,大学教育学会誌,第34巻,2,pp.108-111,2012.

学会発表
〔国外〕
・Yuichi Anada,Akihiro Tsutsumi and Teruo Hideshima;ESR Study of Spin-Labled Poly(L-Leucine) in Benzene Solutions,Japan-U.S. Polymer Symposium Preprints,pp.287-288,1985.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Effect of the Distribution of Free Volume on the Dielectric Relaxation in Polymers,IUPAC 32nd International Symposium on Macromolecules Preprints,pp.326,1988.
・Yuichi Anada, Maeko Kakizaki and Teruo Hideshima;Effect of Free-Volume Distribution on the Dielectric β-Relaxation in Poly(methyl methacrylate) near and above the Glass Transition Temperature,IUPAC 33rd International Symposium on Macromolecules Preprints,Session 2.7.1,1990.
・Maeko Kakizaki, Yuichi Anada and Teruo Hideshima;Effect of Water-Absorption on Dielectric Relaxation in Chitosan,Proceedings from the 6th International Conference on Chitin and Chitosan held in Gdynia,Poland,16-19 August 1994,pp.183-189,1994.
・Yuichi Anada,A Study of  Electrical Relaxation Phenomena in Polyvinylchloride-Polybutadiene Blend Systems in connection with Glass Transition Temperature,IUPAC 37th International Symposium on Macromolecules Preprints,pp.495,1998.
・Yuichi Anada;Analysis of Electric Modulus versus Frequency Curve for Crystalline Polymers in Connection with Ion Motion,IUPAC 38th International Symposium on Macromolecules Preprints,908,2000.
・Yuichi Anada;Experimental Study of Response Functions at A Low Frequency Region Observed with An Impedance Analyzer,7th Pacific Polymer Conference Preprints,pp.392,2001.
・Yuichi Anada;Electrical Relaxation Phenomena in Low Density Polyethylene in Connection with Ion Motion,IUPAC 39th International Symposium on Macromolecules Preprints,pp.313,2002.
・Yuichi Anada;Study of Solid-State Structure of Polymers in Connection with Ionic Conduction,pp.Europolymer Congress 2003,2003.
・Yuichi Anada;Diversity of ion path in low density polyethylene solid,IUPAC 41th International Symposium on Macromolecules Preprints,2006.
・Yuichi Anada,Satoshi Maeda,Naofumi Okuyama;e-learning physics in Correspondence Course of Hokkaido Information University,ICPE2006(INTERNATIONAL CONFERENCE ON PHYSICS EDUCATION),pp.128,2006.
・Yuichi Anada;Study of ion path in crystalline polymer:low density polyethylene,5thEMSES(Eco-Energy and Materials Science and Engineering Symposium),pp.34,2007.
・Yuichi Anada;Ion Motion and Crystal Growth in Low Density Polyethylene,10th Pacific Polymer Conference,pp.410,2007.
・Yuichi Anada;Observation of Polymer Crystallization through Ion Motion:Low Density Polyethylene,5th International Conference on Broadband Dielectric Spectropy and Its Application,p-168,2008.
・Yuichi Anada;Practical Use of Review Test in Elementary Course of Physics in University,ICPE2009(INTERNATIONAL CONFERENCE ON PHYSICS EDUCATION),pp.166,2009.
・Yuichi Anada;Crystal Growth and Ion Motion in Polyethylene,7th Eco-Energy and Materials Science and Engineering,pp.51,2009.
・Yuichi Anada;Crystal growth in low density poly(ethelene) observed by use of ion motion,6th International Conference on Broadband Dielectric Spectropy and Its Application,pp.192,2010.
・Yuichi Anada;Practice to Bring about Learning Outcome in Elementary Course of Physics in University,9th International and National Conference on Engineering Education,pp.4-7,2011.
・Yuichi Anada;Characteristics of frequency response functions for ion motions in inhomogeneous free space between crystallites in several polymers,7th International Conference on Broadband Dielectric Spectropy and Its Application,pp.99,2012.
・Yuichi Anada;Effect of Motion of Impurity Ions on Electrical Properties of Polymer materials,10th Eco-Energy and Materials Science and Engineering,pp.11,2012.
・Yuichi Anada;Study of Motion of Impurity Ions making Influence on Electrical Properties of Polymer Solids in Low Frequency Range,2013.
・Yuichi Anada;Diversity of Microstructure of Polymer Solid Investigated by Motion of Impurity Ions,2014.
・Yuichi Anada;Diversity of Microstructure of Polymer Solid Investigated by Motion of Impurity Ions,2015.
・Yuichi Anada;An Attempt on the Support for Self-Teaching in the Elementary Physics Education,2015.
・Yuichi Anada;Design and Practice of an in-classroom Moodle System Supporting for self-teaching in the elementary physics education in university,pp.126,2015.

〔国内〕
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;硝酸処理を受けた線状ポリエチレンのγ-緩和,高分子学会北海道支部研究発表会予稿集,1978.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;硝酸処理を受けた線状ポリエチレンのγ-緩和(I),第27回高分子学会年次大会予稿集,1978.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;硝酸処理を受けた線状ポリエチレンのγ-緩和(II),第28回高分子学会年次大会予稿集,1979.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;凍結粉砕線状ポリエチレンの緩和現象,第29回高分子学会年次大会予稿集,1980
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;硝酸処理ポリエチレンの分子運動に及ぼす溶媒添加の影響,第32回高分子学会年次大会予稿集,1983.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;酸化劣化ポリエチレンの緩和現象,第33回高分子学会年次大会予稿集,1984.
穴田有一,堤耀広,秀島光夫;スピンラベル ポリ(L-ロイシン)-ベンゼル溶液のESR,高分子学会北海道支部研究発表会予稿集.1985
・穴田有一,堤耀広,秀島光夫;スピンラベル法によるポリ(L-ロイシン)-ベンゼン溶液の構造変化の研究,第34回高分子学会年次大会予稿集,1985.
・穴田有一,堤耀広,秀島光夫;スピンラベル法によるポリ(L-ロイシン)-ベンゼン溶液の構造変化の研究,第34回高分子討論会予稿集,1985.
・穴田有一,堤耀広,秀島光夫;ポリ(L-ロイシン)-ベンゼン溶液のゾル-ゲル変化,第35回高分子学会年次大会予稿集,1986.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;高分子固体の誘電緩和に及ぼす自由体積の分布の影響,第23回応用物理学会北海道支部学術講演会予稿集,1988.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;ガラス転移温度近傍における損失誘電率-周波数曲線の形の温度変化,第37回高分子学会年次大会予稿集,1988.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;高分子固体の誘電緩和に及ぼす自由体積の分布の影響 II.ポリメチルメタクリレ-トの側鎖緩和,第24回応用物理学会北海道支部学術講演会予稿集,1989.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;ガラス転移温度近傍の誘電緩和現象と自由体積分布モデル,第38回高分子学会年次大会予稿集,1989.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;結晶性高分子のガラス転移温度近傍における誘電緩和と自由体積分布,第54回応用物理学会学術講演会予稿集,1993.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;結晶性ポリマーの誘電主緩和と自由体積分布,第43回高分子学会年次大会予稿集,1994.
・穴田有一,柿崎磨恵子,秀島光夫;キトサンの誘電緩和とそれに対する吸湿の影響,第44回高分子学会年次大会予稿集,1995.
・穴田有一,ポリ塩化ビニルの誘電緩和と伝導損失,第45回高分子学会年次大会予稿集,1996.
穴田有一;ポリ塩化ビニル-ポリブタジエン混合固体のガラス転移温度近傍における電気緩和現象,第46回高分子学会年次大会予稿集,1997.
・穴田有一;ポリ塩化ビニル-ポリブタジエン混合固体のガラス転移温度近傍におけるイオン伝導,第33回応用物理学会北海道支部 第3回レーザ学会東北・北海道支部 合同学術講演会予稿集,1998.
・穴田有一;ポリ塩化ビニル混合系に対する導電緩和法の応用,第47回高分子学会年次大会予稿集,1998.
・穴田有一;高密度ポリエチレンの電気緩和特性,第48回高分子学会年次大会予稿集,1999.
穴田有一;結晶性高分子固体のイオン運動と電気緩和,第49回高分子学会年次大会予稿集,2000.
穴田有一;インピーダンスアナライザーを利用した低周波数領域における周波数応答関数の実験的検討,第50回高分子学会年次大会予稿集,2001.
・穴田有一;高分子固体の電気緩和現象と周波数応答関数の実験的検討,第51回高分子学会年次大会予稿集,2002.
・穴田有一;ネットワークを利用した学生レポートの無記名公表,PCカンファレンス北海道2002論文集,pp.8-11,2002.
・林雄二,関口和司,広奥暢,穴田有一;日本語文章における悪文の検出について,PCカンファレンス北海道2003論文集,pp.68-71,2002.
・穴田有一;ネットワークを利用した物理レポートの無記名公表,第58回日本物理学会講演概要,pp.376,2003.
・穴田有一;結晶性高分子固体における非晶分子鎖の運動とイオン伝導,第52回高分子学会年次大会予稿集,pp.596,2003.
・穴田有一;高分子固体に含まれる不純物イオンの電気緩和現象への影響,第39回応用物理学会北海道支部学術講演会,pp.34,2003.
・穴田有一;結晶性高分子の結晶化と不純物イオンの運動,第53回高分子学会年次大会予稿集,pp.754,2004.
・穴田有一;結晶性高分子固体のイオン経路,第54回高分子学会年次大会予稿集,pp.1169,2005.
・穴田有一;高分子の結晶化とイオン運動,第41回応用物理学会北海道支部学術講演会,pp.40,2006.
・穴田有一;低密度ポリエチレン固体のイオン伝導経路の多様性,第55回高分子学会年次大会予稿集,pp.879,2006.
・穴田有一;eラーニングにおけるLMSの活用,第62回日本物理学会講演概要集,pp.387,2007.
・穴田有一;低密度ポリエチレンの結晶化とイオン伝導,第56回高分子学会年次大会予稿集,pp.1211,2007.
・穴田有一;eラーニングにおけるLMSの活用:2003-2007,第63回日本物理学会講演概要集,pp.404,2008.
・穴田有一;高分子固体の電気緩和現象における周波数応答関数のフォーマリズム,第57回高分子学会年次大会予稿集,pp.698,2008.
・穴田有一;多様化した大学生の初年次物理教育:確認テストの活用,第64回日本物理学会講演概要集,pp.407,2009.
・穴田有一;低密度ポリエチレンの結晶成長モルフォロジーとイオン運動,第58回高分子学会年次大会予稿集,pp.1120,2009.
・穴田有一;イオンの運動から見た低密度ポリエチレンの結晶成長,第59回高分子討論会予稿集,pp.3443,2009.
・穴田有一;大学初年次物理教育への確認テストの導入と効果,第65回日本物理学会講演概要集,pp.415,2010.
・穴田有一;イオンの運動から見た低密度ポリエチレンの結晶成長 II,第59回高分子学会年次大会予稿集,pp.1024,2010.
・穴田有一;大学初年次物理教育における確認テストの活用と効果,PCカンファレンス北海道2010論文集,pp.16-19,2010.
・穴田有一;大学初年次物理教育における復習並行型授業の検討,第66回日本物理学会講演概要集,pp.438,2011.
・穴田有一;等温結晶化過程における高分子の誘電特性:LDPE,PVDF,PCL,第60回高分子学会年次大会予稿集,pp.999,2011.
・穴田有一;プレゼンテーション学習の動機づけ~ビデオ制作と試行~,第61回東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会,pp.39-42,2011.
・安田光孝,中村祐太,向田茂,谷川健,穴田有一;講義内SNSシステム「Kaiwa」の設計と開発,2012年総合大会講演論文集,pp.219,2012.
・穴田有一;ポリ(ε-カプロラクトン)の結晶化過程に対する電気緩和現象その場測定,第61回高分子学会年次大会予稿集,pp.987,2012.
・穴田有一;北海道情報大学の学生FD活動について,第34回大学教育学会,pp.36,2012,
・穴田有一;大学初年次物理教育における自主学習に対する支援の試み,第68回日本物理学会講演概要集,pp.465,2013.
・穴田有一;不純物イオンの運動が高分子固体の電気特性に及ぼす影響,第62回高分子学会年次大会予稿集,pp.847,2013.
・穴田有一;大学初年次物理教育における基礎知識定着の工夫,第69回日本物理学会講演概要集,pp.453,2014.
・穴田有一;不純物イオンの運動に現れる高分子固体ミクロ構造の多様性,第63回高分子学会年次大会予稿集,pp.1693,2014.
・穴田 有一・広奥 暢・谷川 健・サイモン ソーラ・隼田 尚彦・齋藤 一・安田 光孝・川上 正博;Webデザインコンテストによる技術・文化の相互啓発で育つグローバル人材,2014PCカンファレンス全国大会論文集,pp.280-281,2014.
・穴田有一;大学初年次物理教育における基礎知識定着の工夫(II),第70回日本物理学会講演概要集,pp.3462,2015.
・穴田有一;不純物イオンの運動に現れる高分子固体ミクロ構造の多様性II,第63回高分子学会年次大会予稿集,2015.
・穴田有一;大学初年次物理教育における基礎知識定着の工夫(III).

講演
・2007年10月13日,情報社会と価値ある情報~溢れる情報の海を泳ぎきるために~,北海道高等学校PTA連合会道南支部・道南高等学校PTA地域連絡協議会・道南Dブロック研修会,北海道立上ノ国高等学校.
・2009年8月19日,Outline of the e-learning in Hokkaido Information University,training course in ICT and E-learning,Rajamangala University of Technology Tangyaburi (RMUTT), Thailand.
・2010年3月19日,学生とともに進めるFD~北海道情報大学~,大学教育研究フォーラム・ラウンドテーブル,京都大学.
・2011年7月5日,初年次教育と自立支援,苫小牧工業高等専門学校FD研修会,苫小牧工業高等専門学校.
・2014年8月2日,北海道情報大学のグローバル人材育成    第1回グローバル人材育成学会北海道支部大会,北海道情報大学.
・2014年11月15日,国内・海外インターンシップの新しい展開- 研修内容の多様化と事前学習の重要性 -,第2回グローバル人材育成学会全国大会,国際教養大学.


・2015年,グルーバル人材育成教育学会論文賞

外部研究費
・1986年,文部省科学研究費補助金(奨励研究A)交付,「ポリペプチド溶液のゾルーゲル変化に伴う分子運動のESRスピン‐ラベル法による研究」.
・1988年,高分子学会から高分子研究奨励金交付,「高分子固体のミクロ構造と緩和現象」.
・2013年-2015年,文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C)交付,「大学生の学力多様化時代における初年次物理教育の授業内ICT学習支援」.

学内共同研究
・1999年,コンピュータネットワークを活用した自習支援システム
・2001年,学生レポートの文章推敲を支援するシステムの検討(その1)
・2002年,学生レポートの文章推敲を支援するシステムの検討(その2)
・2002年,2002年度学内フォーラム
・2006年,多様な学力の学生に対応する柔軟な教育システムの検討
・2006年,授業科目間および科目内連携のための情報共有化の試み
・2006年,基礎数学演習のシステム構築の検討と効果の検証
・2007年,情報系大学における図書館の活性化と図書館情報教育の可能性
・2008年,ポートフォリオ
・2008年,メンター
・2009年,スマートグリッド
・2009年,学生相談
・2009年,日本語
・2010年,欠席過多の現状分析
・2011年,講義内SNS(Kaiwa)
・2011年,基礎数学Web演習

学外研究歴
・1992年5月-1993年2月,文部省内地研究員,東京大学工学部物理工学科.
・2004年9月-2005年3月,海外研修,Université Claude Bernard Lyon 1, Polymer Materials and Biomaterials Laboratory, France.
・2005年5月,客員教授,Université Claude Bernard Lyon 1, Polymer Materials and Biomaterials Laboratory, France.