コレカラ

By wdc, 2021年11月11日

最優秀賞 ※テーマ部門より

1921102 岩﨑 晃和  1921020 正木 さくら

制作の趣旨

新型コロナウイルスの影響で、大学生活での活動が制限されてきた中、2021 年度 後期以降にやりたいこと、やってみたいこと、チャレンジしてみたいことなど、 数々の明るい「声」を集めたサイトを制作しました。 またサイトを見た人が、他の人の頑張っていることを見て、自分もそれチャレン ジしようと勇気を出せるサイトに仕上げました。

作品を見る

講評

コロナ禍の中,日本でも,世界でも,多くの人が多くの出会いの機会を失い,ネガティブな気持ちになりがちですが,『情報大生が今どんな思いでいるのか、また、これからどんなことをやりたいのか、将来やりたいことやきたいしていることなど、さまざまな明るい「コレカラ」の声をあつめました。』という明確なコンセプトを持って,今年度のWEBデザインコンテストのテーマ「未来(Future)」に挑戦した意欲的な作品です.北海道情報大学の学生の生の声という事実に基づいて,ポジティブな側面を探る試みは素晴らしい視点です.対面授業が大きな制約を受け,学生たちが大学へ来る機会も制約を受ける中で,200名の学生から回答を得て,多くの学生へのインタビューも行った行動力も素晴らしいですね.作品のデザインは奇をてらうような派手さはありませんが,閲覧者に違和感なく受け入れられる仕上がりで,本作品のコンセプトと調和しています.

一つだけ,今後の作品の質を高めるための助言をすると,「VOICE コロナ禍で情報大生の声」に掲載した円グラフに凡例をつけるのを忘れないようにしましょう.グラフの最も重要な点は,データを可視化することで,グラフを観る人にデータが意味を語りかけることです.データの意味が伝わりやすくなる表現の要素はいくつかありますが,凡例はその中でも優先度が高いものです.

今後も,素晴らしい作品を制作することを期待しています.